一般社団法人日本金属プレス工業協会

新着情報

新着情報一覧 トピックス・お知らせ 官公庁 お知らせ イベント情報
イベント情報
2021.07.30
第106回金属プレス加工技術研究会 -自動車の2030年問題に対応する最新動向- 「待ったなし!CO2削減を見据えた、軽量化・電動化のものづくり最前線」

 従来からCO2削減のために自動車の軽量化と電動化が進められてきましたが、2020年4月の2030年新燃費規制と2020年10月に日本として製品が製造されてから廃却されるまでの全体CO2排出量と吸収量をプラスマイナスゼロにする政策目標「2050年 カーボンニュートラル宣言」が打ち出されました。"カーボンニュートラル"は、画期的な技術ブレークスルーなしには達成が見通せない大変難しいチャレンジです。本研究集会では、軽量化・電動化への取り組みの最新技術とこれからの展望について紹介します。

 

【主  催】 一般社団法人日本金属プレス工業協会 

【協  賛】 一般財団法人素形材センター、一般社団法人東京都金属プレス工業会、

       日刊工業新聞社プレス技術編集部、一般社団法人日本塑性加工学会、

       一般社団法人日本金型工業会、一般社団法人日本塑性加工学会、

       一般社団法人日本鍛造協会、一般社団法人日本鋳造協会

【日  時】 2021年10月1日(金)10:00~17:00

【会  場】 オンラインセミナー

【総合司会 ユニプレス(株) 山川 浩由氏/アイダエンジニアリング(株) 井村 隆昭氏 / 理化学研究所 高村 正人氏

【プログラム】

 

開会の辞                                  10:00~10:05

1 基調講演: 「CASE時代の次世代自動車ものづくり革新」         10:10~11:00

(一社)日本自動車部品工業会 技術担当顧問 松島 正秀氏

CASE時代に突入した自動車産業は、急激なエレクトロニクス化の技術革新が進められている。ハードウェア中心で構成されていた自動車が、電気電子情報通信などの技術を導入し、開発から生産、販売に至るまでの革新が進められている実態を紹介する。

 

2 「CFRP/CFRTPの現状と課題そして今後の期待と展望 」         11:10~12:00

金沢工業大学 大学院工学研究科 高信頼ものづくり専攻 教授 影山 裕史氏

2030年は、走行時のCO2排出量大幅低減に向け、電動化とともに軽量化が必須。CFRP/CFRTPの期待は大きい。ただ、材料コストや材料の特徴を活かした設計、製造法の大幅な改善が急務。同時に、素材製造時や廃棄時のCO2排出に対しLCA的な提案が必要。

 

 「最新のハイテン材の特徴と今後」                   13:00~13:50

日本製鉄株式会社 鉄鋼研究所材料ソリューション研究部長 上西 朗弘

継続的な衝突安全性の強化に加えて、温室効果ガスの抜本的削減など自動車に対する期待は大きい。自動車用ハイテンはこれまで高強度化を達成してきたが、今後も進化を続ける必要がある。ここでは現在の動向と今後の変革のためのポテンシャルについて紹介する。

 

 「プレス加工による高速・高強度異材接合技術-鍛接法/スポット鍛接法」   14:00~14:50

     富山県産業技術研究開発センター ものづくり研究開発センター 機能素材加工課 山岸 英樹氏

Fe/Alなど多くの組合せにおいて一般に異材溶接は困難である。溶融溶接では脆弱な化合物が容易に形成されるためである。車体・部品のマルチマテリアル化が進む中、従来の材料制限を打ち破る高速・高強度接合法として、プレスを用いた固相接合法「鍛接法」を紹介する。

 

 「自動車軽量化のためのハイテン材とアルミニウム板の成形技術」     15:00~15:50

豊橋技術科学大学 名誉教授 森 謙一郎

自動車を軽量化するためにマルチマテリアル化が進んでおり、ハイテン材とアルミニウム材の適用が増加している。ハイテン材のプレス成形においてはスプリングバック、割れ、しわ、金型損傷、遅れ破壊などに関して解説し、アルミニウム板においてはプレス成形、接合などに関して説明する。

 

6 「自動車パワートレイン用鋼鍛造部品の高強度・軽量化」         16:00~16:50

日産自動車株式会社 パワートレイン技術企画部 シニアエキスパート 藤川 真一郎

自動車の軽量化、燃費向上にはパワートレイン部品の軽量化の貢献度が大きい。パワートレインに用いられている鋼鍛造品を事例に高強度、軽量化を達成するための材料技術、加工技術を紹介し、高強度と加工性、高強度と高靱性を両立させる考え方を紹介する。

 

参加要項

◆ 定 員 60名

◆ 参加費 当協会会員、および協賛団体会員、プレス技術誌購読者 5,000円

                             一般 10,000円

◆ 開催日 2021年10月1日(金)10:00~17:00

◆ 会 場 オンラインセミナー(zoom)

◆ 参加申込みURL

         http://bit.do/NIKKIN106    106QR.jpg

◆お問い合せ:一般社団法人日本金属プレス工業協会

e-Mailjmsa@nikkin.or.jp    TEL:03-3433-3730

担当:成島

お問い合わせ
一般社団法人 日本金属プレス工業協会
〒105-0011
東京都港区芝公園3-5-8
機械振興会館301-A号室
TEL : 03-3433-3730
FAX : 03-3433-7505
E-mail : jmsa@nikkin.or.jp